tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

おもしろい異文化

【帰国しました】コーヒーと、自分の甘さに向き合ったワーホリ2年間

先日、ワーホリでの2年間が終わり、帰国しましたtabikuraです。 率直な感想として、海外生活を終えて少しホッとしてます。 ワーホリは修行だった オーストラリアでの1年間、ニュージーランドでの1年間、計2年間を海外で生活しましたが、ぼくはワーホリは修行…

苦労する職場での「価値観の違い」、理解してもらえない「仕事へのこだわり」。その"こだわり"は本当に必要なのか?

「仕事へのこだわりが強くて、同僚に理解してもらえない」 「仕事場で同僚と価値観が合わない。理解できない」 という人に読んでもらいたい記事です:) こんにちは。 ニュージーランド・ウェリントンのカフェでバリスタをしているtabikuraです。 オーストラリ…

ウェリントンのコーヒー文化の特徴について、現地バリスタのぼくが書いてみた

こんにちは。 ニュージーランド・ウェリントンのカフェでバリスタをしているtabikuraです。 ウェリントンの前は、オーストラリア・メルボルンでコーヒー修行をしていました。 ウェリントンはCNNニュースで「世界のコーヒータウン8選」として選ばれるなど、"…

外国人が挨拶でよくやる"眉毛クイッ"の意味がおもしろくて、ぼくも挨拶に取り入れるようになった話

海外で、少し距離がある人と目が合ったときに、 眉毛を"クイッ"と上げて微笑まれたことないですか? あれはぼくら日本人には親しみがないボディランゲージですが、 日本人がよくやる"会釈"のようなもので、 "眉毛クイッ"は相手と目が合ったときの挨拶として…

「オーストラリアには価値観を押し付けたがる人が少ない」と彼は言った

今日はバリスタクラス終わりに、クラスにたった2人の男同士でカフェへ行った。 相手の彼は同じ日本人で、ずいぶんとのほほんとしたキャラだ。 動きも話も、これまで会った中で最もゆっくりゆっくりする人だ。 ちょっとドジで、良い意味でも悪い意味でもスキ…

国聞いたら都市を答えるパリっ子のプライド

京都ゲストハウスへ住み込みを始めて1ヶ月が経った。 いつもどおり朝ごはんを食べにリビングへ下りたら 水色の生地にオレンジ色の金魚が泳いでいる浴衣を着たブロンドヘアの女性がいたので Hiと挨拶した後に 「Really nice yukata.」 と彼女の浴衣を指しな…