tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

ワーホリ

カフェ接客、忙しいときこそお客さんにかける一言は大事

現在ワーキングホリデーでニュージーランド・ウェリントンのカフェで働いています。 職場はコーヒーとドーナッツ、サンドイッチがメインのエスプレッソバーです。 席数17ほどの小さなカフェで、同僚は1人。 彼はぼくと同じく、ワーホリビザでアメリカから来…

風の街ウェリントンの風は強すぎるので、ウインドブレーカーは必須アイテムですよ

早いもので、ニュージーランドの首都ウェリントンに住み始めてから6ヵ月が経ちました。 インスタグラムでウェリントンと検索すると"ヴィッセル神戸のウェリントン選手"や"時計のダニエルウェリントン"が出るばかりでイマイチ情報が掴みづらく、首都のわりに…

世界のどこでも働ける仕事。バリスタの仕事の良いところ5つ

オーストラリア・メルボルンでの約1年間のバリスタ修行を経て、現在ニュージーランドの首都、ウェリントンのカフェでバリスタをしながらワーホリ生活を続けているtabikuraです。 そんな海外生活も1年と半年間が経ちました。 今回の記事では、そんなぼくが日…

【考察】相手に興味を持つことの大切さと、バリスタとして働く意義

相手に興味・関心を持つことは、良いコミュニケーションのきっかけに常になり得る "良いバリスタはよく話す" 働き方の多様性とオートメーション化と役割の移行 相手に興味・関心を持つことは、良いコミュニケーションのきっかけに常になり得る "How's your d…

バリスタの"基礎"とは何か。初心者だったぼくが当時に知りたかった本当に大切なこと教えます。

ワーホリでバリスタをしていると、「自分もバリスタをしたい!」と思っている人がまわりに結構多いことに気づきます。 そんな中で、「最低限の基礎知識がないと、スキルがないと、未経験者はバリスタにはなれない」というのは、よく聞く部分です。 とは言っ…

海外の自炊生活を劇的に変える"水だし"は、3分で準備して6時間冷蔵庫に入れておくだけで作れる最強の調味料

海外生活を長くしていると、"日本食が恋しくて死にそうになる"ことがあります。(本当に) そんなときは日本食レストランへ行きますが、お金も掛かりますし、そう頻繁に外食はできません。 なので誤魔化しながら生活していたんですが、 最近ある本に出会い、"…

ウェリントンのコーヒー文化の特徴について、現地バリスタのぼくが書いてみた

ウェリントンのカフェシーン コーヒーは基本的にダブルショット みんな超フラットホワイト大好き みんなモカも大好き カスタムオーダーが少ない フィルターコーヒーが結構人気 街で常連のお客さんにめっちゃ会う ウェリントンとメルボルンとのコーヒー文化の…

"英語で日本紹介ハンドブック"は日本文化を確認しつつ英語での表現方法を学べるので、一度で二度美味しい

オーストラリア・メルボルンにいたときは、カラオケ店を街中でちらほらと見ることができて、 飲みのあとに同僚みんなでカラオケに行ったこともあったのですが、 そのときに 「Hey, do you know what the word "Karaoke" literlly mean in Japanese? 」 (なあ…

【ラテアート練習】ピッチャーの振り方改善!"水練"に取り組んだらラテアートのスキルがグンと伸びた話

ラテアートのスキルをもっと伸ばしたい人に、朗報です! 家でできる効果抜群なラテアート練習、『水練』のやり方を説明した、とてもタメになる動画を見つけたので、今日はそれをシェアします! 水練は野球でいう"素振り"にあたる基礎練習みたいなもので、 し…

【バリスタ向け】スチーミングミルクをピカピカに作る7つのコツ

初心者のときに苦労したミルクスチーミング スチーミングの7つのコツ 1. さっさと出来上がり量まで空気を入れてしまう 2. 出来上がり量までカサが上がったら、そのあとは絶対に空気を入れない 3. 水面に近いところでスチーミング。深く入れると温度上昇が早…

【ワーホリ】バリスタコース修了証はただの紙切れ?カフェで働くための学校の選び方

今回はワーホリ中にバリスタとしてカフェで働くことを目標にしている人に向けて、 語学学校・バリスタコースのオススメの選び方をシェアします。 ぼくはオーストラリア・メルボルンの語学学校で5週間のバリスタコースを受講し、 コース修了と同時に運良くカ…

【おすすめワーホリ持ち物】マネークリップはカード払いが圧倒的に多い海外では超役に立つ

ワーホリで海外に持ってきて良かったモノは沢山あるけれど、ぼくが毎日使うモノの中でのオススメは間違いなくマネークリップです。 ぼくの財布はマネークリップ (マネークリップは、コンパクトに少額の現金とクレジットカードを持ち歩くことができるのが特徴…

【英語】初対面の外国人から本当によく聞かれる質問

先日「海外で初対面の人と仲良くなるには、自分のことを語れるようになっておくといいよー」という内容の記事を書きました。 自分が今ここにいる背景(Back Ground)と、こんなことに興味(Interest)がある人間なんだというのを伝えることが、海外で相手と良い…

後悔しないワーホリにするために、渡航前に本当にすべきことは目標設定と現状把握

ワーホリ経験者が、 「行かなければよかった」 「1年間を棒に振ったうえに再就職できない。仕事を辞めなければよかった」 と、ワーホリに行ったことを後悔している書き込みをネットで目にしたことがあります。 これを見て、ぼくは渡航前の"準備不足"が後悔の…

英語日記"Journaling"で、自分語りができるようになろう

自分語りができるようになる、英語日記"Journaling"とは Journalingのルール 日記を投稿し、添削してもらう場はHelloTalkで決まり 陥りがちな"Journaling"のミスと大切なことをもう一度 先日、ニュージーランドでワーホリを頑張っているあやかさん(@niii_ovo…

【まとめ】ニュージーランド(ウェリントン)に到着後、まずすること

ニュージーランド・ウェリントンに到着してから6日目になりました。 到着後にやっておくべきことはだいたい済んだので、 今回はぼくがどういう順番で、何をしたのか、参考になる他ブログの記事のお紹介と併せて、書き記しておきます。 [:contents] 到着後に…

ぼくが好きだったメルボルンのおすすめカフェ(フィルター・ドリップコーヒー編)

今回はバリスタのぼくが「ここのコーヒーうまっ!!!」と思ったメルボルンのカフェを紹介します:) メルボルンのコーヒーというと、エスプレッソ系(ラテとか)がまず思い浮かぶかもしれませんが、実はフィルターコーヒー(日本でいうドリップコーヒー)の人気もじ…

ワーホリでの後悔と、損な考え方

ぼくのオーストラリアでの時間は終わり、先月の10月4日に1年振りに日本へ帰国した。 ワーホリ中は色んな人に助けてもらって、目標だった"バリスタとして働くこと"もでき、とても充実した1年間を過ごすことができた。 そんなぼくにも1つ後悔していることがあ…

ぼくの英語力がグンッと伸びた理由を、BBCニュースが取り上げた"日本人の若者のセックスレス"の記事から考える

BBCニュースが取り上げた"日本の若者のセックスレス事情"から見えるもの 先日BBCニュースを眺めていたら、こんな記事を見つけた。 www.bbc.com 18-34歳の日本人の43%はセックスの経験なし 18-34歳の日本人の64%は恋人がいない セックスが恋愛関係における…

英語環境で9ヶ月生活して、今ぼくが感じていること

今日はメルボルン市外にあるRumble Coffee Roasterでカッピング&トーキングイベントがあったので参加してきた。 (*カッピングとはコーヒーのテイスティングのこと。) トークの内容は、カッピングで扱われたコーヒー豆のバックグラウンドについてで、ロースタ…

カジュアルな接客英語"What are you after?"の意味と使い方

オーストラリア、メルボルンのカフェに入ると、店員さんに"What are you after today?"と聞かれることが度々ある。 この"What are you after?"という言葉、別の言い方をすれば"What are you looking for?"とか"What do you want?"にあたる口語表現である。 …

未経験者がメルボルンでバリスタになる、その幸運の掴み方

オーストラリア、メルボルンへ来てから4ヶ月が過ぎ、バリスタとしてのキャリアがスタートしてから1ヶ月と少しが経ちました。 メルボルンへ来たときは素人だった自分が、今ではローカルカフェでバリスタの仕事をやらせてもらっています。 最近は大好きなコー…

【ワーホリ】仕事探しのときの心得

バリスタの仕事探しを始めた。 ぼくがバリスタを目指す理由としては、 コーヒーが好きで、カフェが好きで、コーヒーを作ることが好きであることから始まり、 好きを仕事にしてみたい。 こっちの"人と人の近さ"というのを自分の肌で感じてみたい。 "店が提供…

「オーストラリアには価値観を押し付けたがる人が少ない」と彼は言った

今日はバリスタクラス終わりに、クラスにたった2人の男同士でカフェへ行った。 相手の彼は同じ日本人で、ずいぶんとのほほんとしたキャラだ。 動きも話も、これまで会った中で最もゆっくりゆっくりする人だ。 ちょっとドジで、良い意味でも悪い意味でもスキ…

【ワーホリ】メルボルンでローカルジョブをゲットした方法

ぼくは現在メルボルンの2つのローカルレストランで、それぞれウェイターとキッチンハンドの仕事を掛け持ちして働いています。 給料が良いこと、スーパーアニュエーション制度があること、英語環境で働けることがローカルジョブで働くことのメリットだと感じ…

ワーホリ中の自炊飯。3$でできるチキンレシピ紹介

いきなりだが、 今日は、メルボルンでワーホリ中のtabikuraがハマっている、自炊飯のレシピを紹介したい。 (というか、他の食品が高過ぎて、節約と栄養と美味さを考えたらここにハマって抜け出せなくなっているのが現状) 作るのは、鶏むね肉のパリパリ焼き。…

【まとめ】ぼくがメルボルンへ来て3週間でしたことを振り返る

オーストラリアへ移って、ものすごいスピードで1ヶ月が過ぎた。 今日は、ぼくがメルボルンへ来てから、仕事を得て落ち着くまでの3週間を、ぼくのTwitterのつぶやきとともに振り返ってみたいと思う。 特に、これから海外へ渡航する、ワーホリ準備中の人に、こ…

メルボルンでルームシェア。部屋決めの際にこだわった3つのポイント

早いもので、日本からメルボルンへ来て10日目に入った。 先日、部屋探しに関する記事を書いたが、 【ワーホリ】部屋探し!オーナーからのメールの返信率がぐーんと上がる方法 - tabikuraの、ここだけの話。 この記事を書いた次の日に部屋が決まった。 今はト…

【ワーホリ】部屋探し!オーナーからのメールの返信率がぐーんと上がる方法

いよいよオーストラリア、メルボルンでの生活が始まった。 10月4日にここへ着いたので、今日で3日目になる。 メルボルンは、急にに雹(ひょう)が降り始めたり、風がびゅーんびゅーんと吹き荒れたりして、「めちゃめちゃさぶいやん」と思っていたら、急にカ…

語学学校で中級以上のクラスに入らなければならない理由(ワーホリ)

世界一周を夢見るぼくは英語力を高めるため、今年9月から2年間、オーストラリアでワーホリ生活をする予定だ。 コネクションづくりのためにも、まずは2ヶ月ほど語学学校へ通うことを予定している。 そんなぼくが気にしている語学学校のクラス分けについて、今…