tabikuraの、ここだけの話。

消防士を3年で退職。28歳オトコの世界一周を目指すブログ。英語が世界一周の価値を高めると信じ、ワーホリしながら英語習得中。

BETWEEN US.

「テーマがある×英語が話せる×世界一周の旅=最高の体験」を目指す

近況 / 考察 / 日常

ワーホリでの後悔と、損な考え方

ぼくのオーストラリアでの時間は終わり、先月の10月4日に1年振りに日本へ帰国した。 ワーホリ中は色んな人に助けてもらって、目標だった"バリスタとして働くこと"もでき、とても充実した1年間を過ごすことができた。 そんなぼくにも1つ後悔していることがあ…

ぼくの英語力がグンッと伸びた理由を、BBCニュースが取り上げた"日本人の若者のセックスレス"の記事から考える

BBCニュースが取り上げた"日本の若者のセックスレス事情"から見えるもの 先日BBCニュースを眺めていたら、こんな記事を見つけた。 www.bbc.com 18-34歳の日本人の43%はセックスの経験なし 18-34歳の日本人の64%は恋人がいない セックスが恋愛関係における…

元救急隊員が教える、救急車が適正利用されるために、みんなが知っておいたほうが良い3つのこと

救急車の適正利用について書いてみたいと思う。 ぼくは1年前までは消防士をやっていて、拝命を受けた3年間のうち、2年間は救急隊員として働いていた。 消防署で24時間勤務をし、救急車に乗って、1811件の救急出動を経験した。 たったの2年間だったけれど、そ…

英語環境で9ヶ月生活して、今ぼくが感じていること

今日はメルボルン市外にあるRumble Coffee Roasterでカッピング&トーキングイベントがあったので参加してきた。 (*カッピングとはコーヒーのテイスティングのこと。) トークの内容は、カッピングで扱われたコーヒー豆のバックグラウンドについてで、ロースタ…

メルボルンでバリスタをする、その幸運の掴み方

オーストラリア、メルボルンへ来てから4ヶ月が過ぎ、バリスタとしてのキャリアがスタートしてから1ヶ月と少しが経った。 改めて振り返ると、カフェの街メルボルンへ足を踏み入れてから3ヶ月で、バリスタ未経験者がローカルカフェでのバリスタの仕事をやらせ…

目標達成シートを使って、2017年のバリスタの目標を立ててみた。

年が開けて2週間が経とうとしている。 ぼくtabikuraにとっては、これが2017年初ブログになる。 遅くなりましたが、今年もどうぞ、よろしくお願いします。 さて、いきなりだけれど、実は念願だったバリスタとして働き始めた。 昨年のクリスマス終わり頃に、メ…

【ワーホリ】仕事探しのときの心得

バリスタの仕事探しを始めた。 ぼくがバリスタを目指す理由としては、 コーヒーが好きで、カフェが好きで、コーヒーを作ることが好きであることから始まり、 好きを仕事にしてみたい。 こっちの"人と人の近さ"というのを自分の肌で感じてみたい。 "店が提供…

「オーストラリアには価値観を押し付けたがる人が少ない」と彼は言った

今日はバリスタクラス終わりに、クラスにたった2人の男同士でカフェへ行った。 相手の彼は同じ日本人で、ずいぶんとのほほんとしたキャラだ。 動きも話も、これまで会った中で最もゆっくりゆっくりする人だ。 ちょっとドジで、良い意味でも悪い意味でもスキ…

【まとめ】ぼくがメルボルンへ来て3週間でしたことを振り返る

オーストラリアへ移って、ものすごいスピードで1ヶ月が過ぎた。 今日は、ぼくがメルボルンへ来てから、仕事を得て落ち着くまでの3週間を、ぼくのTwitterのつぶやきとともに振り返ってみたいと思う。 特に、これから海外へ渡航する、ワーホリ準備中の人に、こ…

外国人とスムーズに会話を始めるために知っておきたい、いくつかの心掛け

早いもので京都のゲストハウスでの住み込み生活を始めて5ヶ月が経ち、この生活も残すところあと1週間となった。 最初の頃は外国人に話しかけようとするだけでドキドキして、 話す機会を何度も逃しては「俺は何をやっとるんや」と情けない気持ちになったりし…

10月3日、メルボルンへ飛びます!

突然なのだけれど、1月頃まで働くつもりだったゲストハウスの住み込みとカフェバーの仕事を9月末で辞めて、 10月からオーストラリアのメルボルンへ行くことに決めた。 ぼくの元々のプランとしては、9月にオーストラリアへ渡り、少しの間語学学校へ通い、その…

京都のカフェバーで働き始めます!渡航計画を延期してでも働こうと思った理由

先日、ひょんなことから、うちのゲストハウスのオーナーにカフェバーの仕事を紹介してもらうことになった。 「とりあえずどんな雰囲気なんか一度見に行こっか」と、日も暮れた19時頃、オーナーに連れられ、その店へ。 店内は丁度いい薄暗さで、カウンター席…

気分が乗らないランニングには音楽より有吉のラジオがいい

実家に帰ってくるといつも思うが、やはりおかんの飯はうまい。ついつい、お腹いっぱいに食べてしまう。そしてパンパンになった腹をさすりながら箸を置く。すると、テーブル上に微妙に残ったおかず達を見て、「中途半端だから片しちゃって」とおかんが言う。…

英語なしで世界一周はありえない。海外初一人旅で感じたこと

2015年10月15日、ぼくはカンボジアにいた。 ベトナム・カンボジアを7日間、チケットから宿まで自分で手配した、正真正銘の海外初一人旅だった。 海外の土地のニオイに高揚し、夢だったアンコール遺跡群を見て感動し、150円でびっくりするほど美味い朝食が出…

消防士を退職し、世界一周を目指すことにしたそのワケ

2016年3月31日、ぼくは3年間務めた消防士を退職した。 2013年4月1日に拝命されたので、ちょうど3年間の勤務だった。 消防士として働くことは、ぼくが中学生の頃からの長年の夢であったし、この仕事を通じて経験したこと、学んだことというのは、何にも代え難…