tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

具体的な英語学習法・外国人と仲良くなるコツ、役立つワーホリ情報を発信

【超オススメ】アプリ"iKnow!"で英語の語彙力を増やし続ける

f:id:itachaaa167:20160516172947j:image 

知っていますか?時間には種類があることを。
まず時間の量を考えると、
 
①1時間以上のまとまった時間
②30分程度の時間
③2、3分程度から10分未満の時間
 
となります。
①などのまとまった時間に暗記などをしようとしていませんか。
それは非常にもったいない時間の使い方となります。ポイントは③の時間の使い方です。この時間を上手に使えば、①や②と同じような効果を発揮しますよ。

女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法 より

 

 

これは最近読んだ本の一節の引用だけれど、「英単語学習も同じだなあ」と思った。

 

③の、スキマ時間を上手に使う意識を持つことが「英語の語彙力を増やし続けるコツ」だとぼくは感じている。

 

そしてそのスキマ時間をピタッと埋めてくれる英単語学習アプリがあるので、今日はそれの紹介をしたい。

 

 

スキマ時間を埋めてくれるアプリ、iKnow!とは

 

 

iKnow!は1度学習した単語を、忘れかかったちょーど良いタイミングで、再び出題してくれる気の利いた学習アプリだ。

 

 

簡単に特徴を3つあげるなら、

1.  忘却曲線に基づいて、最適な復習のタイミングで英単語が出題される

2.  1つの単語には音声・例文・画像がセットで表示されるので、記憶に残りやすい。シャドーイングにも最適

3.  とにかく手軽でスキマ時間に取り組みやすい

 といったところだろうか。

 

 

 また、自分が1度に取り組む学習量は、5問、10問、20問、50問の中から選べる。

 

習慣づけの流れにおいて、「面倒くさいなあ」という感情が全てを台無しにすることは、今まで挫折しまくってきた自分の経験からわかっている。

 

しかしこの5問、10問あたりは手軽で、ハードルも低い。

これらを、カップラーメンができるのを待つ間とか、通勤時間の間とか、ドラマが始まるまでのスキマ時間にやってしまうのだ。

 

 

ぼくはiKnow!を始めて5ヶ月で、ちょこちょこやっているうちに学習時間が 37時間を超えた。

f:id:itachaaa167:20160429211707j:image

 

色々と手を出しては何も続かなかったタイプの自分としては、驚きの結果である。

 

オンライン英会話で使えるボキャブラリーも少しずつ増えて、先生にも「表現力がだいぶ上がってきたね!」と褒められることが多くなったので、効果は出ている。

 

なので、ぼくは英語を勉強する全ての人に「iKnow!」をオススメする。

 

ただし有料アプリで決して安くない値段なので、自分の財布と相談しなければならない部分が難点だが、これ以上の英単語学習アプリは今のところ他に見当たらない。

 

ボキャブラリー不足で悩んでいる人は、検討してみてはどうだろうか。

 

 

まとめ

 

iKnow!のメリット

・ 一度学習した単語を、忘れたころに再出題してくれる(効率的な学習が可能)

スキマ時間に取り組みやすい(最短で1回3分でok)

・単語だけでなく、必ず音声関連した画像例文がセットで出題されるので、単語のイメージや使いどころを理解しやすい

・"連続学習記録"があるので、モチベーションを維持しやすい

スマホからでもパソコンからでも利用できる

 

デメリット

・有料(定期的にセールが行われている / DMM英会話会員は無料)

・類語表現とのニュアンスの違いがわかりにくいで、自分で調べる必要がある

 

 

以上!

 

また忘却曲線に基づいた英語学習はreminDOを使うのもオススメ。

 

 

それでは今日はこのへんで!

 

 

Twitter(@tabikuralog)ではワーホリ生活の様子、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。