tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

カジュアルな接客英語"What are you after?"の意味と使い方

f:id:itachaaa167:20170708182124j:image 

海外バリスタのtabikura(@tabikuralog)です。

 

オーストラリア、メルボルンのカフェに入ると、店員さんに"What are you after today?"と聞かれることが度々あります。

 

この"What are you after?"という言葉、別の言い方をすれば"What are you looking for?"とか"What do you want?"にあたる口語表現で、日本語なら「いらっしゃいませ。いかがいたしますか。」のようなニュアンスにあたります。

 

最初はこの聞き慣れない表現に戸惑って「今なんて言うた⁈」となっていたものですが、街の至る所でカジュアルな接客英語として非常によく使われていますし、なかなか便利な表現なので、ぼくも今となってはカフェで働いているときは多用しまくっています。

 

使い方の例

 

使い方はとっても簡単。

 

お客さんが来店したら

f:id:itachaaa167:20181123143559j:plain

 "Hi there how are you today? What are you after?"

 

と尋ねるだけ。

 

または、お客さんの様子を見て、なんだかTake awayっぽいなーと思ったら"What"とは聞かずに、"Are you after take away?"

 

もしくはEat inっぽいなーと思ったら"Are you after a table?"と聞いたりもします。

 

 

それに加えて、眉毛クイッの外国風挨拶ができると印象はもっといいかもしれませんよ:) 

 

 

こんな感じで、お客さんの要望を一言で聞き出せるとっても便利な表現なので、覚えておいてはどうでしょうか。