tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

外国人が挨拶でよくやる"眉毛クイッ"の意味がおもしろくて、ぼくも挨拶に取り入れるようになった話

f:id:itachaaa167:20171204125926j:image

 

海外で、少し距離がある人と目が合ったときに、

眉毛を"クイッ"と上げて微笑まれたことないですか?

 

あれはぼくら日本人には親しみがないボディランゲージですが、

日本人がよくやる"会釈"のようなもので、

"眉毛クイッ"は相手と目が合ったときの挨拶として海外ではよく使われます。

 

少し気になって"眉毛を上げることのそもそもの意味"について調べていると、とっても興味深い記事があったので、今日はその紹介です。

 

眉毛を上げることが意味するもの

 

記事によると、

 

眉を上げるというボディランゲージが意味することは、

"驚き"や"恐怖"の感情表現なのだそうです。

 

つまり誰かと目が合ったときに眉毛を上げると、

 

"思いがけずあなたに会えて嬉しい"とか、"私はあなたにとって脅威的な存在ではない"

 

というような"非驚異的な姿勢"を、潜在的な意味をもって相手に示すことができるのだそうです。おもしろいですね。

 

そう考えると、サングラスかけてる人が何となく怖いのは、相手の眉毛の動きがわかりにくいからなのかもしれません。

 

 

また、人だけではなく猿や猿人類もこのボディランゲージを使って"何にもしないよ〜 大丈夫だよ〜"を相手に伝えると記事には書かれているので、

 

ぼくら人間のDNAに古くから刷り込まれているものなのかもしれませんね。

 

 

ぼくも意識して使う眉毛クイッ

 

最初に目が合ったときに相手が"眉毛クイッ"をやってくれたときと、

全く眉毛が動かないときとでは、

相手との距離感が違うように感じるので、

 

ぼくが仕事でカフェで働いているときは、

「眉毛をクイッと上げる + 笑顔」で、

 

「Hi there! How are you today?」

 

とお客さんを迎えるように心掛けています。

 

 

"眉毛クイッ"から素敵なコミュニケーションが始めるかもしれないので、

ぜひ日常の挨拶に取り入れてみてはどうでしょうか?

 

 

それでは!今日はこのへんで!

 

 

 普段はニュージーランドのカフェでコーヒーを淹れています。

 

 

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランド生活での日常、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。