tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

【ラテアート練習】マシン不要!自宅で簡単にできる"水練"は初心者にオススメの練習方法

 

「ラテアートをもっと上手になりたい」

「ミルクを無駄にせずに、手軽にラテの練習がしたい」

 

という方に向けて、当記事では自宅で取り組めるラテアート練習"水練"について書きます。

f:id:itachaaa167:20171227160655j:image

 

こんにちは。

経験0からオーストラリア・メルボルンでの1年間のバリスタ修行を経て、

現在ニュージーランドのカフェでバリスタとして働いているtabikura(@tabikuralog)です。

 

当記事では、家にエスプレッソマシンがなくてもできる、効果抜群なラテアート練習法、『水練』のやり方をシェアします。

 

水練は野球でいう"素振り"にあたる基礎練習みたいなもので、

ポイントを押さえてしっかり取り組めば、ミルクピッチャー(ジャグ)の振り方が改善し、サシの入ったリーフや、カップいっぱいに広がるラテアートが描けるようになります。

f:id:itachaaa167:20180527114648j:plain

 

また、水練に必要なものは、たったの3つ。

カップ

• ラテアート用のピッチャー

• 水 

 

牛乳代も掛からず、エスプレッソマシンもいらず、家で一人で手軽にできるわりに、その効果はしっかりある練習法です。

ラテアートのスキルアップを目指している人は是非一度試してみて下さい:)

 

たかが水練、されど水練…ですよ〜!

 

 

ぼくが取り組んだ"水練"の具体的な方法

 

ではさっそく、水練の具体的な取り組み方を紹介します。

 

とはいっても、この練習法はぼくのオリジナルではなく、YouTubeで発見したr- ossaさんの解説動画を参考にさせていただいています。

 

こちらはお金を払って教えてもらうレベルの本当に素晴らしい解説動画だと思うので、是非ラテアートに悩む人に知ってほしいです。(r- ossaさん本当にありがとうございます)

 

それではどうぞ。

 

 

いかがでしたか?

 

この動画のなかでは、よくあるラテアートの失敗例として

細かくピッチャーを振ってはいるが、左右に液面が揺れない。ほぼ一点にミルクが集中している。→サシの入らないリーフになる。

• 大きく揺らしすぎている→考え方は間違っていないが、「スローリーフという」種類が違うアートになる。

 

 ことが挙げられていました。

 

これらを改善するポイントは、「ちょうどいい」揺らし方、そして流量を見つけることにあります。

そこで取り組むのが、「口ばしではなく、側面から注ぐ練習をすること」なんですね。

 

側面から注ぐことの目的・ポイント

• 液面と手の動きを合わせる、その「揺れる」感覚を身に付ける

「液面が右にいったときに、手が左。液面が左にいったときに、手が右。」 

そのゆらゆら揺らす感覚が手の中で感じられれば正解。

 

• ある程度の適度な流量を見つける

「少ないと、ラテアートが前に進む力が弱い。広がらない。流量が多いと、広がる。でも汚くなりがち」

つまり、ちょうどいい流量を見つける必要があります。

  

この"揺れる"感覚が手に伝わるようになったら、今度は水練をいつも通り、口ばしで注ぐ方法にもどします。

このとき、側面から注いだときの感覚を維持したまま注いでみることがポイントですよ。

 

個人的な感覚としては、ジャグは振るのではなく、ゆする感覚に近いと思います。

液面が振り子のように揺れれば、OKです。

 

さらに初心者にありがちなミスが、慎重に注ぎすぎてラテアートが全く広がらないことです。

この問題は"ミルクの流量を増やし、思い切って注いでみること"で改善できる場合が多いので、ぜひ一度 自分が思っている以上にジャグを傾けてみて下さい。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

こちらは、ぼくがバリスタになって4ヶ月目のラテアート練習動画。 継続していると"何かコツを掴む瞬間"というのがあると思いますが、ぼくにとってはまさにこのときがそれでした。 今までのやり方を変えて、流量を増やして、思い切って注いでみることでラテアートがカップいっぱいに広がって、とても嬉しかったのを覚えています。(ベースはぐちゃぐちゃになってますが笑) ラテアートは流量が結構大切なので、ぼくがそうだったように、伸び悩んでいる方は一度思い切って注いでみてはいかがでしょうか。

tabikuraさん(@betweeeeenus)がシェアした投稿 -

 

  

このテクニックをマスターした世界チャンピオンの注ぎ

 

ラテアート世界チャンピオンの山口さん(% ARABIKA Kyoto)の動画を見ると、この"揺らす"テクニックの重要性が良くわかります。

 

山口さんのピッチャーの動きを見ると、ピッチャーは大きく振っていないのに、ピッチャーの中のミルクだけが最後まで均等に揺れているのがわかります。

 

これが、この"水練"で得ることができるテクニックの最終形態とも言えそうですね。

 

 

 

 

 

やはりこの方のラテアートは圧巻ですね。

 

  

水練をしたことで起きた"ある変化"を動画で見る

 

ついでに、ぼくが水練でどれくらい上達したのかも見てもらおうと思います。

 

以下の2つは、経験0からバリスタになったぼくの3ヶ月目5ヶ月目のラテアート練習動画です。

何がどう変わったか、わかりますか?

ピッチャーから注がれるミルクの揺れ方の違いに注目ですよ:)

 

[バリスタ3ヶ月目]

 

@betweeeeenusがシェアした投稿 -

 

 

 

 [バリスタ5ヶ月目]

 

@betweeeeenusがシェアした投稿 -

 

 

どう"振り方"が変化したか

 

バリスタ3ヶ月目のぼくのカップの持ち方、ツッコミどころ満載ですね。笑

そこはまぁ置いておいて、ミルクのゆらゆらの変化の違いに気づけたでしょうか?

 

3ヶ月目の動画では、ミルクの動きを見ても小刻みに震えているだけで、ラテアートにも広がりが見えないのに対し、

 

5ヶ月目のぼくのピッチャーの振り方では、注ぎ口から出るミルクがゆらゆらと振り子のように揺れているのがわかると思います。

コントラストもしっかりしたアートが描けるようになっていますよね!

 

ぼくは3ヶ月目と5ヶ月目の間に、ほぼ毎晩自宅で水練に取り組んでいましたが、この5ヶ月目の動画にはその水練効果がよく出ていると思います。

 

バリスタになって1年と半年が経ちましたが、今ではこんなリーフも描けるようになりましたよ:)

 
 
 
View this post on Instagram

tabikuraさん(@betweeeeenus)がシェアした投稿 -

 

 

 

おわりに

 

水練は家で家族と話しながらでも、音楽を聴きながらでも取り組める手軽さが魅力だと思うので、

 

ラテアートをもう一段階レベルアップさせてお客さんを喜ばせたい、バリスタとしての武器にしたいという人は、マイピッチャー(350mlでok)を手に入れて、取り組んでみてはどうでしょうか?

  

こちらのプロも愛用するピッチャーは"ラテアートがしやすい"と口コミでも人気です。

 

今日は以上です。

 

また、こちらの記事では初心者の方でもピカピカのスチームドミルクを作れるようになる方法を具体的に紹介していますので、よろしければご一読ください。 

 

"バリスタのスキルをインスタグラムから盗む"練習法も書いています。

 

 

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランド生活での日常、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。