tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

オンライン英会話初心者は、まずは「カンペ」を使って、自己紹介をしっかりできるようになろう

 f:id:itachaaa167:20180225113642j:image

 

今日はオンライン英会話のコツについて書きたいと思います。

 

英語学習者にとって、英会話のハードルはものすごく高く感じられるので、

「英語を話せるようになりたいし、いずれ必要なのはわかっているけど、できるなら今はやりたくない

みたいな、わけのわからないジレンマに悩まされている英語学習者も多くいると思います。

 

これはぼくもそうだったのですごくわかります。

 

ただし、英語を話せるようになるには"英語を話すこと"しか方法がありません。

(文法学習に手をつけるほど逆に遠ざかる)

 

なので、もう腹を決めてやるしかないのですが、

かつてぼくもオンライン英会話を始めたときは、本当にドキドキ緊張して、頭が真っ白になって、変な汗をかきながら初めての30分間を終えたことを覚えています。

 

それは自己紹介もままならないほどヒドいもんで、あまりにも話せないので、

対策として、あらかじめ自己紹介文を全部文字にして、次回からはそれを見ながら自己紹介をするようにしました。

 

するとそのカンペ作戦がものすごくうまくいったので、今回はそのときのことを書きたいと思います。

 

 

オンライン英会話初心者がカンペを見ながら自己紹介をするメリット

 

まず、自己紹介文のカンペを作ることのメリットは 

 

1. 初心者で緊張しても、自分のことを教師にきちんと伝えることができる

2. きちんと伝えることができれば、話が広がる

3. 自分に関連する表現なら身につきやすく、繰り返し使ううちに、英会話文をどんどん覚えられる

 

の3つだと思います。

 

オンライン英会話では、最初の数分間、講師と自分とでお互いに自己紹介をするのですが、

自分のことや職業でさえも、英語で何と説明するのかは案外わからないものです。

 

なので、まずは自己紹介をしっかりできるようになることを目指します

 

 

人は第一印象が8割。自分のことを話せるようになっておくことは、海外生活で人と繋がるうえでとても大切

 

自分のことを話せるようになっておくことは、海外の人と繋がるうえでとても重要です。

「なんでニュージーランドへ来たの?」「ここへ来る前は何をしてたの?」みたいなことは、特に初対面の会話では本当によく聞かれるからです。

 

"人は第一印象が8割"という言葉もあるように、

初めの受け答えがある程度きちんとできると、相手に良い印象を与えることができますし、

その後のこと(例えば仕事)も、うまくいく確率は高まると思うので、

まずは自己紹介をしっかりできるようになることを目指しましょう。

 

カンペを使ったオンライン英会話のやり方

 

ここからは具体的にカンペをどう使うかを説明していきます。

 

英語の自己紹介をあらかじめ用意しておいたものを、

レッスン中にチラチラ見ながら、あるいは全部そのまま読んでもいいので、

とりあえず自己紹介を完結させることを優先します。

 

そうやって何度かカンペを読んでるうちに、いずれ自己紹介文を丸ごと覚えてカンペは必要なりますし、

自分がきちんと行った自己紹介を聞いて、興味をもった教師が「映画が好きって言ったけど、あなたの一番好きな映画は何?」とか聞いてくれれば話も広がります。

 

教師の質問の意味がわからなければ「Could you type?」とお願いして、チャットボックスにその英語を打ってもらい、

レッスン後にその質問の意味と、それに対する答えを調べて、必要ならカンペに書き足します。

 

または、「あのとき、こう言いたかったな」と後で思ったときも、それを調べてカンペに書き足します。

  

そして覚えて、次回のレッスン中に機会があればチラチラ見ながらでも、その表現を使います。

 

つまりカンペを使いながら、

 

①自分のことを紹介する英会話文を覚える

②それに派生した事柄の英会話文を覚える

 

このサイクルを繰り返すことになります。

  

すると、次第に自分に関することは随分と話せるようになりましたよ:)

 

 

 

  

また、自己紹介のトピックは、Hometown, Job, Hobbies, Family, Travel, Restaurant, Book, TV show / Movie等 から選ぶと良いと思います。

 

それでは、今日はこのへんで!

 

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランド生活での日常、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。