tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

【留学オススメ持ち物】ユニクロの黒ジーンズはデザイン◎で仕事着でも普段着でも活躍します

 f:id:itachaaa167:20180624101012j:image

 

ワーホリ・海外渡航を考えてる人にオススメしたい持ち物の一つに、

ユニクロの黒ジーンズがあります。

 

ユニクロは知られているとおり低価格・高品質で最近はデザインもかなり良いので、

ぼく自身かなりお世話になっているブランドですが、

 

なかでもスキニーフィットテーパードジーンズ(黒)は海外に持っていくと間違いなくヘビーローテションすると思います。

 

今日はそのへんについて書きます。

 

 

仕事着として"黒のパンツ"は大活躍する

まず第一に、黒パンツ持っていった方が良い理由にこれがあります。

 

ぼくは海外でのウェイター・キッチンハンド・バリスタ経験がありますが、

 

レストランのウェイターとして働いていたときは、黒パンツの着用を指定されていましたし、

キッチンハンドで働くにしても、バリスタとして働くにしても、汚れが目立たない黒パンツはかなり重宝しました。

f:id:itachaaa167:20180624100143j:image

 

 

ユニクロのテーパードはデザインがかなり良い

次に、なぜユニクロかって話になりますが、実はユニクロのテーパードジーンズはかなりデザインが良いことで有名です。

 

テーパードっていうのは、太ももから足先にむかってシュッと細くなっているデザインのことで、足短いぼくでもちょっとだけ長く見えたりします。

 

スキニーだと太ももがピッタピタになったりして、着こなしが難しかったりしますが、単純にテーパードはスッキリ履きこなせるので、見た目も良いです。

 

 

また、ユニクロの¥3980ジーンズとヌーディージーンズの¥20000のものを履き比べた記事を見つけましたが、素人目ではユニクロの方が脚とフィットしていて、靴とも合わせやすそうな印象ですね。

 

 

動きやすいし裾上げ無料でやってくれる

また、このユニクロのパンツはストレッチも効いてるので、ストレスなく動きやすく、仕事着としては十分です。

 

ユニクロは裾上げを無料サービスでやってくれますので、自分の脚に合ったズボンが手に入ります。有難いですね。

 

 

H&Mなどでは日本人の体型に合ったものを見つけるのはかなり難しい

メルボルンH&Mで黒パンツの購入を検討したことありました。

f:id:itachaaa167:20180624102616j:image

 

自分の股下のサイズと合わず、かなり動きにくかったことに加え、

裾上げのサービスをやっていないので、購入は見送りました。

 

やはり、ぼくはユニクロです。

 

 

まとめ

 

ということで、以上がユニクロの黒パンツをワーホリに持っていったほうが良い理由です。

普段着としてももちろん使えるので、2本くらい持って行っても全然問題なさそうです。

 

メルボルンにもユニクロはありますが、割高なので、やはり日本で買っていったほうがいいと思います:)

(レディース見当たりませんでした!女性向けの何か良い黒のパンツあればコメント欄で教えてください)

 

 

また、他にもワーホリに持っていった方が良いアイテムについて書いてますので、ご参考までに。 


 

今日は以上です。

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランド生活での日常、成功したこと、失敗したこと、色々つぶやいてます。