tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

自宅でコーヒー焙煎を始めてみました - ポップコーンマシンを使って

「コーヒーの焙煎に興味がある」

「自宅で気軽にコーヒーを焼いてみたい」

そんな人に向けた記事です。

 

f:id:itachaaa167:20200423102726p:image

 

こんにちは。

2年間のワーホリ経験者のtabikuraです。

海外では12のカフェでバリスタとして働き、帰国後は外資系企業でサービスのお仕事をしています。

 

コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えているため、ずっとやりたかったコーヒーの焙煎に挑戦してみようと思い立ち、先日マシンを購入しました。

 

マシンといっても、¥4,380のポップコーンマシンです。

f:id:itachaaa167:20200423102854j:image

 

「え、ポップコーンマシンでコーヒーって焼けるの?」とビックリされる方もいるんですが、焼けちゃうんです。しかも、けっこう簡単に。

 

ポップコーンマシンにオンラインで購入したコーヒーの生豆を50g投入し、スイッチのオン/オフで調整しながら熱を与えれば、家で焼きたてのコーヒーができあがります。

f:id:itachaaa167:20200423104009g:image

 

 

難しい理論はとりあえず置いておいて、「卵焼き」をつくるくらいの心持ちで焙煎してみる

 

コーヒーの焙煎をするのは、実は初めての試みではありません。

3年前、オーストラリアのメルボルンにいたときに「焙煎を学ぼう」と、それこそポップコーン焙煎に挑戦したことがあったんですが、挫折してしまったんですよね。

f:id:itachaaa167:20200423121355j:image

 

挫折の原因は「焙煎の原理原則」みたいなムズカシイところから入ってしまって、迷子になってしまったことだったなと今振り返って思います。

f:id:itachaaa167:20200423121529j:image

 

その反省点を踏まえて、今回のリベンジでは「なんかよくわからんけど、このポップコーンマシンで10分かけて焼いた豆が美味しい」くらいの心持ちでやりたい、そしてその体験を共有できたら..と思っています。

 

それは「3分間弱火で焼いてみた卵焼きが美味かった」くらい、軽い調子で。

 

そこから、経験と照らし合わせつつ、知識を少しずつ深掘りしていけたらいいかなと。

 

そして、そんな様子の記事を読んだ人が「へぇ、おもしろそうだな。自分もやってみようかな」と焙煎のハードルを飛び越えて、一緒にコーヒーをもっと好きになってくれたらそれはもう素晴らしいことです。

 

 

数字で焙煎の「見える化」をする

 

「卵焼きを作るくらい気軽に」が今回の焙煎のテーマだとはいっても、感覚でコーヒー豆を焼くつもりはありません。

最低限、数字を基準にして、焙煎の「見える化」をすることが大切だと考えています。

 

例えば、作った卵焼きがしょっぱかったら

「塩2gは多すぎたから、次は1.5gにしよう」

「卵2コだったのを3コに増やそう」というふうに、

数字をもとにしていれば、次への改善点が見えきますよね。

 

それと同様に、ポップコーン焙煎も最低限「豆の重さを量ること」「時間を測ること」「記録をつけること」は必ず行うことにしています。

あわせて、注目するべき数字を定めました。

 

 

注目する数字①「モイスチャーロス 」

 

モイスチャーロス とは焙煎を終えたコーヒー豆の「水分蒸発率」のことです。

急な横文字に「えっ、むずかしそう」と感じる方もいるかもしれませんが、大丈夫。

 

要は「豆の焼き加減」客観的に知るための数字です。

 

焙煎前と後のコーヒー豆の重さを量って、どれくらい水分が失われたかを比較し、計算します。

計算式 : (焙煎終了後の豆の重さ ÷ 焙煎前の重さ)-1 = モイスチャーロス 

例 : (40.48g ÷ 50g) - 1 = -0.192 (モイスチャーロスは19.2%)

 

この数値を頼りに、自分好みの豆の焼き加減を知り、次の焙煎へと繋げていきます。

 

参照記事

ONIBUS 焙煎基本知識 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

memento coffee - 焙煎士のサトミさんから、モイスチャーロス等についてご指導いただきました

 

 

注目する数字②「ディベロップメントタイムレシオ(DTR)」

 

コーヒー豆の焙煎では、豆が茶色に色づいていく過程で、水蒸気と二酸化炭素が吹き出すタイミングがあります。

そのタイミングは「ハゼ(爆ぜ)」と呼ばれていて、パチッという音が、コーヒー豆がハゼた合図になります。

 

そのハゼたタイミングから、焙煎を終了するまでの時間は、ディベロップメントタイムと呼ばれます。

 

また、ディベロップメントタイム÷全体の焙煎時間(秒)で、ディベロップメントタイムレシオ(以下DTR)が計算できます。

 

DTR全体の焙煎時間のうち"仕上げ"にどれだけの時間を使ったか、焙煎の状況を示す数字であると認識しています。

(正直、味とどう関連しているのか未だよくわかってませんが)

 

ぼくが勝手に敬愛しているScott Raoというコーヒー界の先導者が、"DTRを20-25%に合わせることを推奨"しているため、ぼくのポップコーン焙煎のレシピも、この数値に収まるように調整してみようと試行錯誤中です。

 

参照記事

Development Time Ratio — Scott Rao

『DTR』と『Moisture Loss』って?パッセージコーヒー佐々木バリスタに学ぶ焙煎授業|学校ブログ|【専門の学校】レコールバンタン

 

購入したポップコーンマシンについて

 

既に4回の焙煎が終了しましたが、思っていたほど悪くないコーヒーが焼けています。

それに自分で焼いた豆でコーヒー淹れて、あーだこーだ奥さんと感想を言い合うのも楽しい時間になっています。

 

また、今回購入したのはビタントニオ のポップコーンメーカーです。

色々とレビューを比較検討した結果、熱量が一番安定していそうだった+付属の容器付きだったので、お値段Amazonで¥4,380と少ししますが、こちらを購入しました。

 

また、スイッチがトースターのようなダイアル式であるため、熱量を調整する際のON/OFFはコンセントの抜き差しをするか、こういった省エネタップを使用する必要があります。 


ヤザワ 雷サージ付省エネタップ2個口黒 Y02FUSK210BK

 

焙煎以外には、間食用に奥さんがポップコーン作りにハマってます。

ノンオイルなので、ダイエットに良いそうです。 

 

さて、次の記事ではポップコーン焙煎の現在のレシピを公開しようと思います。

何か質問や意見等あれば、ごくお気軽にコメントください。

焙煎のアドバイスもいただけたらとんで喜びます。

 

コーヒーについては、こんな記事も書いています。

  

Twitter(@tabikuralog)もお気軽に。