tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

アプリ"reminDO"は忘却曲線に基づいて、登録しておいたメモが画面に通知されるので、英単語の暗記にオススメ

f:id:itachaaa167:20180101183219j:image

 

英語の語彙力(ボキャブラリー)を増やす目的で、ここ1カ月ほど"reminDO"というアプリを利用していますが、これがなかなか自分に合っていて良いアプリなので、紹介します。

 

 

reminDOとは 

  *iPhone向けアプリ。Android非対応。

 

reminDOは暗記系のメモアプリで、登録しておいたメモを、人間の脳の忘却曲線に基づいて、忘れかけた頃に通知を出して思い出させてくれるアプリ。

 

アプリを開かなくても、登録しておいたメモがピコーンと定期的に画面に現れるシステムなので、

→覚えたい英語の例文をメモとして登録する
→忘れかけた頃に通知で現れる
→嫌でも目にする

→そのうち覚えることができる

というサイクルを作り出すことができます。

  

だらしのない性格のぼくは、"学習アプリを起動する"というたった一手間が億劫になって、アプリを使った勉強をやめてしまうことが今まで度々ありましたが、

 

その点、この"登録したメモそのものが、画面に現れる"というシステムは素晴らしく便利です。

嫌でも目にしますからね。

 

オススメのreminDOの使い方

 

オススメは 

 

・映画やドラマや本で見かけた便利そうな英語

・勉強中に見つけた英語

・英会話で言いたかったけど言えなかった英語

 

に出会って、「あっ、これ英会話で使いたい!」と思ったら、すぐにその単語を登録することです。

 

日常英会話の表現の幅を少しずつ広げていくというのが狙いです。

 

 

現在オーストラリアでワーホリ中のぼくは、「今日あの場面で言いたい言葉でえへんかったなー」と、1日を振り返って思うことは多々あります。

(例えば、カフェで忙しい時間に、仲の良い同僚がぼくの作ったコーヒーをこぼしたので、ツッコミを入れたかった)

 

そんなときは、reminDOを開いて、ADDを選び、

f:id:itachaaa167:20170630175450j:image

  

 

上段に、"通知で現れて欲しい(言いたかった)英語"を入力します。

f:id:itachaaa167:20170630175454j:image

 

 

下段には、日本語訳を入力します。 

f:id:itachaaa167:20170630175459j:image

 

そしたら"Save"押して、完了です。

 

 これだけで、登録した英語が勝手に通知で現れてくれるようになります。

f:id:itachaaa167:20170710160929p:image

 

 

これで、ぼくは次から同僚に何かを台無しにされたら、「あ!やらかしよったな!」と冗談で言えるようになりました。

 

 

登録する英語の数は"欲張らないこと"が大事

 

注意したい点は、あまりやたらめたらに欲張って登録しないことです。

 

ぼくはたくさん登録し過ぎて、通知が多くなりすぎ、それが目障りになり、通知を見なくなってしまうことがありました(本末転倒)

なので、目安としては1日に1個登録すれば十分ですよ!

 

また、通知が出たらすぐに復習して、"OK"を押して処理します。

 

そうすることでこのアプリの利点の一つである、忘却曲線を用いた学習の効果を最大限に活かすことができるはずですよー!

 

忘却曲線に基づいた英単語アプリiKnow!もめっちゃオススメ

 

基本的な英語の語彙力は、iKnow!を利用して増やしています。

iKnow!も忘却曲線に基づいた効率的な学習計画を提供してくれるアプリですし、1つの単語に例文・音声・画像の3点がつくので、効率的に暗記ができます。
www.tabikuralog.com

 

 

また、パッと英語が口から出るようになる、パッシブボキャブラリーを増やすコツは、

英語例文の主語を身近な人の名前に書き換えてしまうことです。

そのことも記事にしてるので、興味があれば読んでみてください:) 

  

今日は以上!

 

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランドでのバリスタライフ、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。