tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外でのバリスタ経験を通して得た情報を、なるべく具体的に発信するブログ

BETWEEN US.

ワーホリ×バリスタ×英語×コミュニケーション

【超おすすめ】Podcast英語リスニング勉強のコツは"ながら勉"

 

「1日たった10分の英語の勉強が続かない」

「毎日は忙しくて英語学習は続けられない..」

という人に向けて、365日間続いて、しかも効果のあるリスニング方法を書きます。

 

f:id:itachaaa167:20180620203939j:image

 

 

こんにちは。ニュージーランドのカフェでバリスタをしているtabikuraです。

 

ぼくは「効率的な勉強」を求めて、たくさんの英語学習法を試しましたが、そのほとんどが挫折してきました。

 

そして結果的に、「どんな良い英語学習法でも続けなければ意味がない。でも歯磨き以下の労力じゃなきゃ続かない」という考えに至りました。

 

(歯磨き以下の労力..というのは勝間和代さんの言葉です)

 

そして行き着いた日々の英語学習は、会話形式のPodcast/ポッドキャストを毎日聴くことです。

 

「英会話の上達を目指すならネイティブの自然な会話を聴くのが一番。

しかも無理なく毎日(365日間)続けられる方法で!」

 

というのがテーマですが、その効果を日常会話でも実感できています。

 

今日はその理由を説明します:)

 

 

1. "ながら"勉なら、習慣化しやすく、無理なく続く

 

Podcastの良い点は、1時間とか、30分とかのまとまった時間をとらなくても、スキマ時間に聴けることです。

 

動画学習だと、その間に耳、目、手が制限を受けますが、Podcastなら目と手の自由が効きます。

 

通勤しながら聴けますし、夕飯作りながら聴いたり、掃除しながら、買い物行きながら聴いたりもできます。

"習慣化"がとてもしやすいのです。

 

ぼくは毎朝、「家を出る前に玄関でイヤホンを装着し、Podcastの再生ボタンを押してから玄関のドアを開けること」が習慣になっています。

 

通勤の片道25分間、Podcastで会話形式の英語を聞きますが、10ヶ月間ずっと続いています。

 

 

2. なぜ「海外ドラマや映画で英語学習」は続かないのか?

 

じゃあ海外ドラマや映画はどうなの?」と気になる人もいるかもしれませんが、

歯磨き以下の労力ではなく、"ながら"勉がしづらいという点で日々の学習としては✖️です。

 

目標は「365日間毎日続けて、積み上げていくこと」

 

気合い入れて机に座ったり、パソコンやテレビ、スマホの画面に行動を縛られる方法では毎日は続きません。

そして一度くじけると、また気合いを入れ直すのにも時間がかかりがちです

 

"海外ドラマを1日1話、字幕あり+字幕なしでみる"という有名な方法に取り組んだこともありましたが、

1話40分のドラマを2回みる、その時間を毎日作ることって結構たいへんです。

 

座ってずーっと見ている時間、他のことできませんし、続けて見れないのでテンポが悪くて飽きます。

 

本来楽しいもののはずなのに、忙しい日が続くと「やらないと...」という風にストレスに感じてしまい、次第に続かなくなりやめました。

 

しつこいですが、目標は365日間毎日続けること。

「ドラマや映画を英語学習の教材にするな」とは言いません。

ただ、あくまでもそれらは娯楽として、気軽に楽しんだほうが良いと思います。

  

 

3. "話し言葉・相槌・声のトーン・つなぎ言葉"は、「TED」や「YouTube英語」では学べない日本人の苦手分野

 

続いて、リスニング教材が「会話形式」であることのメリットを挙げます。

 

まず、ネイティブの日常会話には、自然な口語表現(話し言葉)がたくさん使われます。

 

口語表現はテキストなどでは見つけにくいし、似たような表現方法も多すぎて使い方がいまいちピンとこないんですが、

毎日ネイティブの会話を聴いてたら、「なんだこれ?」の気づきと、「こう使うのか」が何となくわかってきます。

 

さらに「相槌の仕方・声のトーン・つなぎ言葉など」は、会話からしか学べない部分です。

これ意外と盲点なのですが、英会話に慣れていないぼくら日本人にとって不得意分野なんです。

 

「TED」や「YouTube英語」も内容は"1人が大多数に向けて話をする「演説」"なので、やはり「会話形式の英語」を聞かないと身に付きません。

 

最近自分でもネイティブとの会話がうまくなったなと思えるのは、

そのへんの会話のテクニックが、Podcastのリスニングのおかげで伸びたからだと思います。

 

 

4. ナチュラルスピードの英語をシャドーイングしながら聴き取ると耳が慣れてくる

 

渡航してみるとネイティブの話すスピードに驚きますが、ネイティブ英語も聴き続けることで次第に耳が慣れてきます。

 

脳神経外科医・日本医学英語教育学会名誉理事である植村研一氏の脳科学からみた効果的多言語習得のコツから、"脳の仕組みからみた効果的な外国語教授学習法"の引用ですが、こういうのがあります。

 

事実① リスニングはナチュラルスピードじゃないと意味がない

日本にいる native 教師は、親切心から最初はゆっくりと発音して聴かせるが、これは大変な間違いである。

ゆっくりした発音を聴かせると、ゆっくりした発音しか聴き取れない神経回路網を形成して、natural  speed での会話や講演 が聴き取れなくしてしまう。

最初から liaisonのかかった早口の言語を聴かすのがコツである

 

事実② 文字を見ながら聴いても、リスニング練習にはならない 

テキストを見ながら聴いてはならない。

テキストを見ながら聴くと、文字を見ないと聴き取れない神経回路網を形成してしまい、会話や講演を聴き取れなくする

ただ漫然と聴くのではない。聴きながら、声を出して付いて行くか、人前では 心の中で無声で付いて行く shadowing をしながら聴く。

あるいは数秒の処で一旦録音を止めて、聴いた言葉を復唱してみる repetitionの訓練をする。

聴き終わってからテキストを見て聞き間違いを訂正して、また聴き取り訓練をする。 

 

ぼくもこのPodcastのリスニングを始めた当初は、全くスピードについていけず、Podcastの全体の20%程度しか理解できませんでした。

それでも上の方法に従い、Podcastシャドーイングしながら毎日聴き取りを続けていたら、少しずつ理解できるようになっていき、今では会話内容の80%は理解できるようになりました。

 

また、字幕英語をつけて海外映画を観るという学習方法がありますが、説明にもあった通り、あれは正しいリスニング学習法ではないので、いつまでたってもリスニング力がつきません。

 

聴くこと読むことは、必ずで行いましょう。

 

  

会話形式のPodcastで"ながら勉"のメリットまとめ 

 

✔︎「○○しながら」勉強できるので、労力が少なく、習慣化しやすい。スキマ時間が有効に使える。その結果続く

✔︎ ネイティブの自然な会話を聴くことで、"口語表現・相槌・声のトーン・つなぎ言葉など"を学べる

✔︎ リスニングする際は、文章は見ずに、シャドーイングしながら聴き取ることで、ナチュラルスピードの英語に慣れてくる。あとでテキストで復習できると◎

 

 

ただし、「知らない英語は聴き取れない」というルールがあるので、

語彙力の強化は同時に必要になります。

 

iKnow!というアプリを、スキマ時間に利用しやすいという同じ理由でオススメしています。  

 


   

オススメの会話形式Podcastは「All Ears English」

 

Podcastの番組ですが、ぼくは"All Ears English"を全力でオススメします。

All Ears English Podcast | Real English Vocabulary | Conversation | American Culture

All Ears English Podcast | Real English Vocabulary | Conversation | American Culture

  • Lindsay McMahon and Michelle Kaplan, Advanced Conversation English Teachers for Professionals and University Students
  • 言語コース
  • ¥0

 

アメリカ人女性2人が、世界中のリスナー(英語学習者)からの"英語の悩みや質問" を受け付け、それに答えながら進行していく"会話形式"の番組です。

 

時間も1話あたり15-20分程度で手頃な長さ。

 

特徴はなんといってもネイティブの2人の会話で、速くカジュアルな表現に触れること。

彼女たちの自然なやりとりが、時には脱線しながら、トピックにそって繰り広げられていきます。

 

 

 

全く聴き取れない!?諦めずに続ける鍵は"トランスクリプト" の音読

 

「まったく聴き取れなくて妥協しそう..」

「自分にはまだ早いかも..」

という人もなかにはいるかもしれません。

 

でも大丈夫です。

ぼくも聴き始めた当初は理解できませんでした。

 

それでも、妥協せずに続けられたのはAll Ears Englishのトランスクリプトの購読を最初の数週間だけ続けたからです。

 

f:id:itachaaa167:20180620203955p:image

 

トランスクリプトとは「会話の一字一句が文字起こしされたもの」です。

少し高いですが、US$13で最新・過去4回分をダウンロードして読めます。

 

   

ぼくがオススメしたいのは、これを音読の教材として使うことです。

あれこれ手を出すのではなく、気に入った回を一つ決め、音読⇄リスニングをひたすら反復します。

 

具体的な方法としては、

①朝通勤しながらPodcast聴きつつ頑張ってシャドーイングでついていく

②帰宅後、その回のトランスクリプトを音読、単語の確認

 

これを他の回に浮気せずに、1週間ひたすら繰り返します。

 

すると、そのうち何を言っているのか聴き取れるようになってきます。

 

また、音読は脳科学的にも有効な学習法なのだそうです。

音読によって脳の前頭前野という部分が活性化されることが知られており、ここが活性化することで、学習能力が高まるそうです。

鹿野晴夫氏インタビュー[第2回]:IBCラダーシリーズサポート

 

 

今日は以上です。英語がんばりましょう!!

  

 

こんな記事も書いてます。

 

 

 

Twitter(@tabikuralog)ではニュージーランド生活での日常、成功したこと、失敗したことつぶやいてます。