tabikuraの、ここだけの話。

すぐに取り組める具体的な英語学習法や、外国人とのコミュニケーションのコツ、役立つワーホリ情報を発信

BETWEEN US.

具体的な英語学習法・外国人と仲良くなるコツ、役立つワーホリ情報を発信

現役バリスタが憧れる、一流バリスタのラテアート

 f:id:itachaaa167:20170601195903j:image

 

 

メルボルンバリスタとして働くようになってから、5ヶ月が過ぎた。

毎日毎日、気づくとコーヒーのことばかり考えている。

 

 

そんなぼくが、今日は少しラテアートについて書きたいと思う。

 

 

ここメルボルンのカフェでお客さんから注文を受けるコーヒーは、エスプレッソに泡だてたミルクを合せたものが半分以上で、それらのコーヒーは"ラテ"や"カプチーノ"などと呼ばれる。

 

そしてその泡だてたミルクをコーヒーに注ぐときに、ぼくらバリスタはその表面に模様を描く。

 

それが"ラテアート"である。

料理でいう"盛り付け"にあたると考えられる。

 

ラテアート【latte art】 エスプレッソに蒸気などで泡立てた牛乳を加えたカプチーノやマキアートの表面に泡とコーヒーで文様や絵柄を描いたもの。 カフェのバリスタなどがその技術を持ち、ミルクを注ぎ込む際にその流れで描くもの、尖った道具を筆のように用いて描くものなどがある。 

[引用元]:ラテアートとは - コトバンク

 

盛り付けの美しい料理が、それを目の前にした人の食欲をより掻き立てるのと同じように、ラテアートもまた、人を喜ばせたり、驚かせたり、コーヒーをより魅力的にする力がある。

 

なので、そのスキルを磨くバリスタは沢山いる。

(逆に、味が大切なのでラテアートは力を入れる必要はないというバリスタも沢山いる。)

 

 

 

 

今日はそのスキルを極めた、ぼくが憧れる一押しのバリスタさんたちの動画をいくつか、instagramから紹介したいと思う。

 

 

ラテアートの達人たち

 

 

No.1 山口淳一さん

 

山口さんは"% Arabica Kyoto(アラビカキョウト)"のバリスタで、

ラテアート世界大会で2014年に世界王者に輝いた方だ。

 

ぼくは色んな人のラテアートを毎日instagramを通じて見ているが、この方のラテアートは少し次元が違っているように感じる。

 

"繊細"で"美しい"という表現が良く似合う。

 

 

instagram.com

instagram.com

instagram.com

 

実はワーホリでメルボルンに来る前、京都のゲストハウスに住み込みで働いていたときに、Arabicaの東山店がゲストハウスのすぐ近くだったので、お店を訪れ、山口さんにコーヒーを淹れていただいた機会が何度かあった。

 

当時はいわゆる"ラテ"などのミルク系のコーヒーに全く興味がなかったぼくは、ただのエスプレッソを注文していたので、ラテアートの世界王者にコーヒーを淹れてもらいながら、ラテの注文をしないという、なんとも贅沢なことをしていたなとバリスタになった今となっては思う。

 

帰国したら必ず訪れて、今度こそ世界王者のコーヒーを味わってみたいと思う。

 

 

 

 

 

No.2 Turnerさん

 

 

Turnerさんは大阪にあるMONDIAL KAFFEE 328のバリスタで、ラテアート世界大会の2015年 世界王者に輝いた方だ。

ミルクの注ぎと振りの安定感が抜群で、コントラストもしっかりと出ていて、本当にバランスの良い、美しいラテアートを描くバリスタさんだと思う。

 

この方のコーヒーも帰国したら飲んでみたい。

 

instagram.com

 

instagram.com

 

 

 

 

No.3 yoshiteru yoshidaさん

 

東京原宿にあるカフェ、DEUS EX MACHINA HARAJUKUのバリスタ

情報があまりないので、どのような方なのかはよくわからないが、

とにかくそのラテアートは独創的で、唯一無二なデザインだと思う。

 

ラテアートの"描き出し"も面白くて、本当にどうなってるのか目の前で見てみたい。

 

instagram.com

 

instagram.com

 

instagram.com

 

 

 

 

 

以上が、ぼくが勝手に(instagram上で)師匠と崇めている3人だ。

 

 

 

 

ぼく個人としては、まず接客ではっとお客さんの心を掴んで、提供したコーヒーの見た目ではっとしていただいて、味を飲んでまたはっとしてもらえるような、1度の来店で3度お客さんを驚かせるバリスタになりたいと思っている。

 

お客さんをはっとさせるには、まだまだ勉強が必要なことだらけで、道のりは長いけれど、少しずつ頑張っていきたい。

 

 

 

 

 

6月のメルボルンは、寒くて、コーヒーがより美味しい季節になりそうだ。

  

 

それでは、また。