tabikuraの、ここだけの話。

自分が役に立った英語学習法や、海外バリスタ生活を通して得たコーヒー情報を、なるべく具体的に発信するブログ

【初心者必見】ドリップ中にコーヒーが詰まる問題を解消する4つの知識

f:id:itachaaa167:20211006154135j:plain

 

こんにちは。

バリスタのtabikura(@tabikuralog)です。

 

家でコーヒーを淹れて飲む方は「ドリップ中にコーヒーが詰まる問題」に直面したことはないでしょうか?

f:id:itachaaa167:20211005095626j:image

おもに抽出後半、ドリッパー内の水面がなかなか下がらず、抽出が終わる気配がしない、あの現象です。

 

もちろんぼくもありますし、コーヒーを淹れる人なら遅かれ早かれ誰もが経験する問題だと思います。

 

この「コーヒーが詰まる問題」が発生したコーヒーの味は、渋み苦味が強く感じられる傾向にあります。

雑な言い方をしてしまえば、ほとんどの場合"マズい"コーヒーになります。

 

詰まる原因は、コーヒーを挽いたときに発生する微粉です。

抽出過程でその微粉がドリッパーの底へと沈み、ペーパーフィルターの目には見えない繊維の隙間を塞いでしまうことで、抽出スピードを遅らせるのです。

f:id:itachaaa167:20210825132759j:plain

微粉によってフィルターが詰まると、行き場を失った水は、より抵抗の少ないエリアを目掛けて流れようとするため、

コーヒー層のなかに偏った水路が形成され、不均一に抽出された美味しくないコーヒーができあがります。

 

当記事では、「抽出中にコーヒーが詰まる4つの原因と解消方法」を紹介します。

これらの原因を理解し、そして避けることができれば、コーヒーをもっと美味しく楽しめるようになるはずですよ!

 

詰まる原因❶ 「粉を動かし過ぎる」

 

詰まる原因の1つ目は、粉を動かしすぎることです。

 

「コーヒー粉は動かすと雑味が出るから、動かさないようにそっと注ぐのは常識でしょう!」

なんて考えもあると思います。

 

深煎りに関していえば、そうかもしれません。

でも成分を引き出しにくい浅煎りのコーヒーに関しては、むしろ逆だったりします。

f:id:itachaaa167:20201206013455j:plain

粉を積極的に動かしてあげることでコーヒーの成分を引き出す力を強めることができたり、

均一に成分を引き出す作用が働いたりと、

実は粉を動かすことにも美味しくコーヒーを淹れられるようになるメリットがあります。

 

この抽出中にコーヒー粉を動かすスキルは撹拌(カクハン)と呼ばれます。

撹拌についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

繰り返しになりますが、必ずしも「粉を動かすこと=悪いこと」ではなく、撹拌にはメリットもあります。

しかし粉を動かすことで微粉が底へ沈みやすくなるというデメリットがあり、それが「詰まり」の原因に直結するため、撹拌もやり過ぎには注意しましょう、という話でした。

 

 

詰まる原因❷「コーヒーの挽き目が細かすぎる、もしくはグランダーの性能が悪い」

 

初心者が陥る「コーヒーが詰まる問題」は「コーヒーを細かく挽き過ぎていること」が根本的な原因の一つであることもよくあります。

「細か過ぎるのかな?」と思ったら、グランダーの挽き目を1~2メモリ「粗く」することはまず試してみるべきことでしょう。

f:id:itachaaa167:20210303205941j:plain

 

また、最近ではさまざまなコーヒーレシピがオンライン上で共有されていますが、

そのレシピは通常、レシピの提案者が使用しているグラインダーあなたの使っているグラインダーが同等な性能であることが前提条件とされます。

 

レシピの提案者の使用しているグラインダーは通常挽き目がそろっており、発生する微粉が少ないため、問題なく細かく粉砕できます。

ところが、初心者が扱っていることも多いブレードグラインダーセラミック歯のグラインダーを使用した場合は、おそらく同じ結果は得られません。

それらのグラインダーで挽かれた豆の粒度は均一ではなく、何よりも微粉も多く発生するため、抽出中に詰まるリスクが高まるからです。

 

なので良い性能のグラインダーを買いましょう!と言いたいところですが、

高価なものも多いため、そう簡単にはいかないのも良くわかります。

 

もし高性能ではないグラインダーを使って美味しくコーヒーを淹れたいのであれば、

コーヒーをお湯に浸けて成分を引き出すようなシンプルな抽出方法がオススメです。

原理はお茶の抽出方法と一緒ですね。

 

これに関してはHARIO SWITCHという器具の使い勝手がよく、オススメです。

ペーパーと粉をセットし、お湯を注いで、放置。

あとはレバーを押せば勝手に抽出完了です。

 

もしくは、「あくまでドリップにこだわりたい!」というのであればコーヒーを粗挽きにして、粉量を増やすというのが手軽で有効な解決方法かと思います。

粗挽きにすることでコーヒーから引き出せる成分は少なくなり、薄い液体ができあがってしまいますが、粉量を増やしてその薄さをカバーするというアイデアです。

 

また、粗挽きのレシピならハンドドリップの世界大会で優勝した粕谷バリスタ「4:6メソッド」というレシピがとても良いと思います。

「誰でも美味しくコーヒーを淹れられるレシピ」と粕谷バリスタ自身がおっしゃってましたが、

実際にぼくもハンドドリップ初心者だった頃はよく使わせていただきました。

 

挽き目を粗めに調整しても詰まりが解消されないようなら、先述の通り、粉を動かさないようにゆっくりと注いでみましょう。

 

 

詰まる原因❸ 「フィルターペーパーのチョイス」

 

ぼくも最近まで知りませんでしたし、世間ではもっと知られてないのでは..と思うことが、

ペーパーフィルターが抽出に及ぼす影響の大きさです。

 

「コーヒーが詰まる問題」の原因は、コーヒーの微粉がペーパーフィルターの繊維の隙間を埋めてしまうことと冒頭で説明しましたが、この詰まりやすさはフィルターペーパーの繊維構造によって結果が大きく変わるようです。

 

物理学者であり、コーヒーブロガーでもあるJonathan Gagneが、フィルターペーパーの繊維構造の違いやその抽出結果について、科学的な視点から詳しく解説していましたが、とても興味深い内容でした。

 

また、バリスタの世界大会で優勝経験があり、今もなお世界のコーヒー業界を牽引する存在であるJames Hoffman氏は、YouTubeHARIOのV60ペーパーフィルターの違い」による比較検証を行なっていましたね。

HARIOの同型フィルターでも生産された工場によって繊維構造に違いがでるそうで、抽出時間は最大50秒も差が出たという驚きの結果でした。

(というか漂白ペーパーでこんな種類あったんやっていうのもビックリ)

 

コーヒーの抽出において、「詰まりにくい」ということは、「湯が比較的均一に抜けている」ことを意味しており、偏った抽出(チャネリング)の影響を受けにくくなります。

したがって、ペーパーを選ぶ際は「詰まりにくいもの」を選ぶのが最適解であるように思います。

 

ちなみに、ぼくも自宅でHARIOのペーパーフィルターと、CAFECのABACAペーパーフィルターの違いが知りたくて比較検証を行なってみましたが、

ABACAのほうが10秒ほど早く落ち切る結果になりました。

飲み比べてみると、ABACAのほうが味の骨格が鮮明でスッキリとした飲み心地になっていました。

気になる方は試してみるとおもしろいかもしれません。

 

 

詰まる原因❹ 「ステンレス製のKalita Wave Dripper」

 

実はKalita Wave Dripperのステンレス製のモデルは、他のドリッパーよりも詰まりやすいとされています。

f:id:itachaaa167:20211006114953j:plain

コーヒーのドリップ中に、水やコーヒーの重みで沈み込んだペーパーフィルターが、Kalita Waveの3つ穴の排水口のいずれか、もしくは全てを塞ぎ、排水スピードを遅らせてしまう現象です。

これはドリッパーの底の凹凸が浅すぎるために発生するようです。

 

ぼくも過去に原因がわからず混乱していたことがありました。

 

この解決手段として、コーヒー業界のオピニオンリーダーであるScott Rao氏

丸く切り取った茶漉しを、Kalita Waveドリッパーの底へ敷くことで、排水口が塞がるのを予防する方法を彼のYouTubeで紹介していました。

f:id:itachaaa167:20211005195409j:image

 

f:id:itachaaa167:20211006115019j:plain

これはぼくも試してみましたが、たしかに抽出スピードの遅れが解消される結果を得ることができたので、すぐに試せる手段としてはよいのではないでしょうか。

 

ちなみにKalita Waveガラス製セラミック製詰まり問題が発生しにくいという意見もネットで散見されるので、乗り換えてみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

以上、コーヒーがドリップ中に詰まる問題と解消法4つでした。

最近、ペーパーフィルターの比較検証にハマってるので、また良いのを見つけたらシェアしようと思います。

 

おもしろかったよーって人はInstagramとかTwitterのフォローしてもらえると嬉しいですー。

 

余談ですが、過去にAmazonのセールでV60のフィルターペーパーをまとめ買いしちゃったので、ストックがまだ沢山あるんやけど、どうしようかなぁと悩んでます。

 

読者の皆様、まとめ買いには注意です。

 

では良いコーヒーライフを!

 

こんな記事も書いてます。